iPhoneなどで自分の写真を自ら撮影することを自撮りと言います。海外ではセルフィーと呼ばれて、写真共有サイトで人気のセレブが自己プロモーションやファンとの交流に積極的に活用したことから、一般層にも急速に普及しました。

自分や家族だけで楽しむことからさらに進んで、SNSにアップすることで自分の生活にあった出来事を不特定多数の人と共有できることからセルフィーの撮影を行う人々がどんどん増えています。
海外のニュースやネット上の話題を扱った番組やニュースサイトを見ているとSNS発のトピックが目立つようになりましたが、これもセルフィー文化の隆盛と結びついています。

iPhone6sの予約の人気を今すぐチェックしよう。

日本でも流行に敏感な女性タレントやモデルがブログやSNSで自分のセルフィー写真を公開してファンとプライベートをシェアしています。

iPhone6sのサイズについて詳しく書かれています。

自撮りを少しでも上手く撮れるようにサポートしてくれる便利な味方が自撮り棒です。



これは棒の先端部分にiPhoneを設置して、グリップにあるシャッターボタンかリモコンの撮影ボタンを押すことで遠くにあるスマホを操作して写真を撮影するためのものですが、国内での自撮り文化の広がりから売れ行きが伸びており、iPhone用のグッズのお店のランキングでも常に上位にランクインしているヒットアイテムです。


ケーブル接続型は電池野獣での心配がないので残りの電源がどれくらいか気にする必要がありませんし、Bluetooth接続型はケーブルが不要などそれぞれに特徴があります。